■ ようこそ。Real K(リアル ケー) ブログへ ■ 
メールはこちら→hzkt999@gmail.com (@を半角にして送信してください)
緊急の場合はメールにてお知らせください。

本が来た。

モンベルクラブに入っていて、そこからの季刊誌で「OUTWARD」が届いて適当にチラ見してたら、そのなかに「PEAKS」という雑誌の広告が載ってた。
 
屋久島特集っぽい内容が載ってるというようだったので、アマゾンで検索かけたら富士山特集のも出てたので一気に二冊購入。

fujiyaku.jpg
 
金曜の6時くらいに注文して今日の13時半ごろに来た。
早い。

ちらっと見ただけだが、かなりテンション上がった!
ダイエットが停滞気味なので良い刺激になりそう。
 
アウトドア | comments (439) | -

屋久島とか諦める方向で。

色々あってどうやら諦めないとダメかもしれません。
 
まず、ダイエットが急激にペースダウンしてます。
体力が付いているのは間違いないのですが、予定ではあと10kgは今の段階で痩せているハズが、3ヶ月近く95kg前後ををウロウロしていて、減るどころか一時期は2kgほど太った事もありました。原因は幾つか考えられるんですが、単純に「食べすぎ」というのもありますし、ダイエットの為にジムに行っているのに、脂肪燃焼効果が高い有酸素運動を漠然とやっていて、効率よく脂肪を燃やせる運動になっていなかったようです。気を引き締めて先週から負荷の調整をしました。かなり筋肉痛になってますので、休養も十分に取ってます。痩せる為には必要な栄養も採らなければならないけれど、だからといって食事量は増やせない。食欲と減量のバランスがうまく取れず、ジレンマとの戦いです。甘いモノを止める努力はしてますが、やっぱり食べてしまいます。生活習慣の改善も大きな課題でしょう。
 
次にバイクを購入した事。
屋久島に行くとか富士山に登るとか、そういった事をしたくなったのは、カブの調子が悪くなって「バイクに乗る」というストレス発散方法が取れなくなり、バイク以外の事でダイエットの一環として「アウトドア」の趣味を持っていこうとしていたのですが、新しいバイクを買ってしまったために「バイクに乗る」という方法でストレスの発散ができるようになりました。本当は屋久島にも行きたいし、富士山にだって登りたいし、近畿の山も登ってみたいです。沢山調べましたし、そこからしか見えない景色だってあるはずです。バイクの事が落ち着いたら良いんですけどね。

でまあ最大の問題はお金。
バイクを買ってしまったため、登山関係に使う予定だったお金は、バイクの整備や装備品を買う為に使うハメになってます。カブと違って何をするにも何倍もお金がかかります。仕方がないので登山用品はオークション等で中古を探す事になるわけですが、欲しい物が欲しい価格で欲しい時に出てくるわけもなく、ただただ時間が過ぎていくばかりです。もうネットを探し回るのに疲れ果てた感じがあります。ザックは背負わないと自分にうまくフィットするか分からないし、ウェアにいたってはそれこそ試着しないと、うまくダイエットできていない「高度な肥満体」に合う服はそうそうありません。どこかの山屋で新品で全部揃えられれば良いのでしょうが、とにかくお金がありません。やっぱりバイクの購入がまずかったのか?とか考える時もあります。

そんなこんなで登山とかトレッキングはしばらく諦めようと思います。こうやって必要なものが回りに寄ってこないという事は、まだ私にはそこに行くために必要な資格が無いのでしょう。これは登山には縁が無いのかもしれません。屋久島は「呼ばれたから来た」とか感想も多いですしね。バイク用品は「これが欲しい」という物が意外とオークションで出てきます。バイク用の風防も落札しましたし、他にも欲しいと思っている物がチョロチョロと出てくるので、ウォッチリストが山ほど埋まってます。さすがにバイク用品もポンポン落札できませんから、そこは吟味して諦める時はすぱっと諦めますが。

とりあえず。
「かねがね金がねえ」って事です(汗)

記事とは関係ないですが、必殺仕事人のエンディングテーマ「鏡花水月」by The SHIGOTONIN です。良い歌です。


 
アウトドア | comments (1054) | -

モンベルに下見。

アレルギー性の鼻炎が悪化していましたが、医者からもらった薬がきいてちょっとマシになったので、箕面のヴィソラにあるモンベルに行って幾つかの品物を下見してきました。

mon.jpg

まずは登山用品。
店員さんに「初めて屋久島に行く」事を説明し、持っているモノと必要なモノについて教えてもらいました。「今日は買わないんですが・・・」と伝えましたが、とても丁寧に詳しく説明してくれました。

まずは合羽から。
ずっと以前に来た時は私がオーバーサイズだったので、どうしても着れなかった「ストームクルーザー」を試着。
XLがちゃんと入りました(ネット上ではXXLも存在するのですが。)袖丈もとりあえず問題なし。バイク用として着るには袖や胸や腹周りのバタツキが気になるかもしれませんが、それ以外の用途なら(というか登山用品です)問題ないレベルです。
他にも上位版の「トレントフライヤージャケット」の説明と、下位版の「レインダンサージャケット」の説明をしてもらいました。
ストームクルーザーとレインダンサージャケットを着比べたところ、ストームクルーザーがかなり軽かったです。レインパンツは今回は見送り。さすがにウエストは急に細くならず、試着する気もありませんでした。

そして登山用のステッキ(トレッキー)です。
幾つかの商品の説明を受けたあとに「これは必要なのですか?」と聞いたところ、店員さん曰く「有れば便利だけれど、慣れれば重荷になるだけかも。体力があって足腰がしっかりしていれば・・・」との事。やはり登山やトレッキングではまず体力が必要で、次に荷物を軽くするなどの工夫をしなくてはならないようです。

そしてザック。
自宅には大きなリュックがあって、それで代用しようと思っていると伝えると「腰にまわすベルトは付いてますか?」と聞かれたので、そこまで高機能なものでないと答えると「ステッキよりザックにまずお金を投資してはどうでしょう?」とお勧めされました。腰のベルトを使ったり、ザックに通っているパイプなどを体にあわせて一体化させることで、荷物を長時間背負っていても疲れにくくなるそうで、肩だけにかかる負担を、腰にも分散し、ザックを体に密着させる事で、背中全体にも重さを分散できるので、長時間のトレッキングや登山では体力の消耗が違ってくるそうです。

ブーツは持っている事を伝え、登山に関しての説明を終えてバイク用品が見たかったので、売り場まで案内してもらいお礼を言って、ここからはひとりで観察です。


「ドライコンテナ系」
のバッグを見たかったのです。バイクに積むにしても最初から防水してある方が良いと感じていたので、大きさや形状、材質や留め具の使い勝手などを見てきました。セロー250のオプションとしてラインナップされているだけあって、バイク用として十分な機能を発揮しそうです。ただ防水するために取り出し口が最小限なため、頻繁に中のものを出し入れするには不便です。

そのほかにも店内をぐるりと回り、ボトルを見たり、物凄い防水のバッグを発見したりして帰宅です。
 
鼻炎が悪化して微熱があるにもかかわらず、すこし寒くなった夕刻に新御堂筋を快走したためか、自宅に戻ってからはだるくてしかたありません。やはり安静にしとくべきでした。
アウトドア | comments (847) | -
calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
selected entries
recent comments
categories
archives
profile
others

ジオターゲティング