■ ようこそ。Real K(リアル ケー) ブログへ ■ 
メールはこちら→hzkt999@gmail.com (@を半角にして送信してください)
緊急の場合はメールにてお知らせください。

探せど探せど。

バイクの装備品がなかなか良いものが見つからない。

基本的には日帰りツーリングばかりだけれど、1~2泊程度のツーリングはちょこちょこと行きたいし、1週間近い長期のツーリングも楽しみたい。となると、装備品をどうするか?って色々と悩むわけで、お金に余裕がない私はオークションで中古を探す事になる。

とりあえず日帰り~1泊程度であれば今やってるデイバッグをくくりつける方法か、20Lほどのシートバッグで事が足りそうだが、ネットを徘徊していてもシートに固定ベルトを巻きつけてから、そこに繋ぎとめるというものが多い。あいにくCB400ssはシートを外すのもヘキサゴンレンチが必要で、しかもキャリア付きとなるとキャリアを固定するプレートも。サスペンションと共締めになってるボルトを緩めないとダメだ。ベルトを付けっぱなしはさすがにちょっと考え物だ。まあ見慣れるかどうかだろうけれど。

次に長期のツーリングになるともっと大きなシートバッグか、サイドバッグを付ける必要があるが、これも基本的にはシートにベルトを巻きつけて固定がデフォルトで、さらに「キャンプをするかどうか?」で必要なバッグの種類や大きさが変わってくる。さらにサイドバッグを付けるとなると、ウインカーまで移設しなくてはならず、面倒な作業が山盛りだw
 
お金があった時代は宿泊はビジホだったが、お金に余裕がない今はキャンプになるだろう。贅沢するならユースホステルかライダーハウスって事になる。必然的に積載量は増えるだろう。ライダーハウスだとシュラフやマットは必要なとこもあるしね。

という事で今年の目標は「まずは日帰り~1泊で富士山を目指そう!」ですw
バイク関連 > 装備品 | comments (1115) | -

酷使し、放置し、酷使。

kutu.JPG
結果がこうなりました。
 
私が初めて「バイク用」として5年ちょっと前に買った靴です。今は無き「コーリン」製です。確か3000円くらいでした。
 
とても酷使したと思います。カブに乗る前まで使ってましたから、4万キロくらいは使いましたね。ちょっとした雨にも耐えてましたが、その機能も薄れ、カブに乗り換えてからはシフトの関係もあって、普通の靴で乗っていましたので靴箱で3年ほど放置。

今年になって久しぶりに普通のチェンジペダルのバイクに乗るため、つま先が補強されたこの靴を引っ張り出してきました。へダルが当たるつま先の表皮が剥がれて白くなりました。「まだ大丈夫」と使っていてちょっとした段差に引っ掛けたら、ベローンっと底が剥げてパカパカ状態。ゴムの部分と布の部分が分かれただけなので、漫画のように足先が見える事はないんですが、さすがにこれではもう引退させてやっても良さそうです。

という事で、接着剤で靴底をつけて再出発です!
月末までですがw
すぐに新しいの買います。防水性が高い靴に買い換えます。
 
バイク関連 > 装備品 | comments (1066) | -

2009カフェカブ京都にも行ってきました。

今年は天候も良く、新型のスーパーカブ110が展示されるとあってか、500台近く集まったそうで、エントリーには長蛇の列ができていました。もちろん私はカブは持っていないので見学だけです。

目的はもちろんカブ110を見ることと、会場で久々に会える方々に挨拶まわりでした。
という事で写真はカブ110のみ。しかも気になったところだけw

resize0246.jpg
全体図。安っぽい感じ。樹脂丸出しの外装。

resize0255.jpg
テレスコ。どこのメーカーでしょう。何の流用かな?

resize0261.jpg
リアキャリア。フレーム(黒いパイプ)にボルトオン。

とまあ実際に見れて良かった。サイドのスーパーカブの立体的な文字も、エンブレムかと思いきやステッカーとか。C90は「質感」はちゃんとあって存在感もあったのになあ。
 
でもフレームがあって、外装が付いたって事は、ガワだけバラして塗り直し可能なのかなあ。
でもこれ買うんだったら、中古で最終型のC90買うw
 
つれづれ日記 | comments (1378) | -

ターミネーター4を見てきました。

原題は「Terminator Salvation」、通称ターミネーター4(T4)。
t4.jpg

いわゆるターミネーターシリーズ(1~3、T1~T3)と冠を同じにしている映画だけれども、続編という事であればT2からの続きにあたる。T3は「無かった事」として話は進んでいて、同じく冠を同じにするテレビシリーズ「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクル」とも「時系列が違う」話となっている。

公開して間がないので、大きく色々と書けないのが残念だけれども、CMや予告編(トレーラー)で流れているド派手なシーンはほんの一部で、これでもかと畳み掛けるド派手なシーンが満載で、このあたりはT1、T2を監督したジェームズ・キャメロン監督と違い、派手な演出がうまいMcG(マックG)監督が手がけたな。というところ。

ただ前3作では「人間対機械」だったのが、今回から「抵抗軍(人間側)対スカイネット(機械側)という、大きな戦争の中で話が進んでいくので、「ターミネーターが執拗に追い詰めてくる」という恐怖感はほとんど無い。

ぶっちゃていうと安く見れるなら観に行っても良いと思う(汗)もちろんターミネーターシリーズ大好きなら是非どうぞ。その時は前作も復習しておくとヨシ。シュワちゃんも出てきます(CGだけど)
映画 | comments (1012) | -

ターミネーターを見ました。

最新の「ターミネーター4(T4)」ではなく、一番古い「ターミネーター(特別編)」を借りてきました。ちょうどツタヤの会員更新時期に来ていて、更新料300円払えば旧作DVD1本無料で借りれるって事と、今日はテレビでターミネーター2(T2)を放送するという事もあって借りてきました。

特殊メイクや特殊効果は現代のCG使いまくり、予算投入しまくりの最新映画に比べるべくも無くとてもチープ。低予算で苦しんだ事が良く分かります。シュワちゃんは最初に出てきたときは結構「好青年」?っぽい感じで怖さが無かったんですが、途中からメイクが変わって(途中で変えんなw)髪の毛は短くなって眉毛のあたりを盛り上がらせてちょっと掘りが深い顔になり、皮膚の外装がはがれて目玉をくりぬいたところでサングラスをかけ、いつの間にやら黒い革ジャンに身を包んで、やっと後半で「ターミネーター」らしくなっていきます。

しかしながらこの映画に登場する通称「ターミネーター」はあくまで観客に刺激を与えるスパイスであって、サラ・コナーが主人公だと改めて思い返した。J・キャメロンが何を伝えたかったのか?なぜこのような形に映画を仕上げたのか?そういった事は公開当時の年齢(十代前半)ではまったく分からなかった。しかし今になってもう一度見てみると「人間対機械」という対立もさることながら、サラ・コナーの「普通の女性」から、将来の指導者の母への意思の変わり方や「核戦争」の恐怖といった内容も見て取れる。時代背景も関係しているのだろう。今となっては時代遅れの低予算な「古臭い映画」になっているが、そのストーリーは今も色あせない。

そしてその後に地上波でT2を見たわけだが、カットしまくりの超改変短縮バージョンだった(泣)
某巨大掲示板の実況chで散々叩かれてたが、「ダイソンさん、物分り良すぎ」と、一つの大きな物語の「キー」であるターミネーターが自分の腕の皮膚を剥いで、機械の腕を見せるシーンは丸ごとカットされていた。サラ・コナーがダイソン家に押し入って、後から追いついたジョン・コナーたちと合流した所でCM入りし、CM明けはいきなりダイソンさんが「そうか」と一気に納得するというはしょり方。アカンやろそれはw
「ダイソンさん物分り良すぎ」だw
とりあえずT2の内容は思い出せたし、大体のストーリーが分かっただけでヨシとする。

と本来なら次はターミネーター3(T3)を見てからT4へと行くのが普通に思われるだろうがこれは見る気にはならない。実際のところT3はこのシリーズでは「黒歴史」として闇に葬られているのだw
T3では監督が変わった事、J・キャメロンがT2で完結したと語った事(wikiより)や、テレビドラマ「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」がT2直後の物語を描いた事、さらにはT4がT1とT2へのオマージュ色が強い事も、今となってはT3が「無かったこと」になっている原因だと考えられる。

という事で私は明日は午前中は起きれればカフェカブに行ってスーパーカブ110を見て、昼過ぎに戻ってきてから夕方にT4を観に行きます。14日はTOHOの日って事で1000円なもんで、当日にいきなり行っても席は無いだろうって事でネットで席を押さえましたが、吹き替え版の方が人気ありますなw

明日は予定が満載です。
映画 | comments (1120) | -

屋久島とか諦める方向で。

色々あってどうやら諦めないとダメかもしれません。
 
まず、ダイエットが急激にペースダウンしてます。
体力が付いているのは間違いないのですが、予定ではあと10kgは今の段階で痩せているハズが、3ヶ月近く95kg前後ををウロウロしていて、減るどころか一時期は2kgほど太った事もありました。原因は幾つか考えられるんですが、単純に「食べすぎ」というのもありますし、ダイエットの為にジムに行っているのに、脂肪燃焼効果が高い有酸素運動を漠然とやっていて、効率よく脂肪を燃やせる運動になっていなかったようです。気を引き締めて先週から負荷の調整をしました。かなり筋肉痛になってますので、休養も十分に取ってます。痩せる為には必要な栄養も採らなければならないけれど、だからといって食事量は増やせない。食欲と減量のバランスがうまく取れず、ジレンマとの戦いです。甘いモノを止める努力はしてますが、やっぱり食べてしまいます。生活習慣の改善も大きな課題でしょう。
 
次にバイクを購入した事。
屋久島に行くとか富士山に登るとか、そういった事をしたくなったのは、カブの調子が悪くなって「バイクに乗る」というストレス発散方法が取れなくなり、バイク以外の事でダイエットの一環として「アウトドア」の趣味を持っていこうとしていたのですが、新しいバイクを買ってしまったために「バイクに乗る」という方法でストレスの発散ができるようになりました。本当は屋久島にも行きたいし、富士山にだって登りたいし、近畿の山も登ってみたいです。沢山調べましたし、そこからしか見えない景色だってあるはずです。バイクの事が落ち着いたら良いんですけどね。

でまあ最大の問題はお金。
バイクを買ってしまったため、登山関係に使う予定だったお金は、バイクの整備や装備品を買う為に使うハメになってます。カブと違って何をするにも何倍もお金がかかります。仕方がないので登山用品はオークション等で中古を探す事になるわけですが、欲しい物が欲しい価格で欲しい時に出てくるわけもなく、ただただ時間が過ぎていくばかりです。もうネットを探し回るのに疲れ果てた感じがあります。ザックは背負わないと自分にうまくフィットするか分からないし、ウェアにいたってはそれこそ試着しないと、うまくダイエットできていない「高度な肥満体」に合う服はそうそうありません。どこかの山屋で新品で全部揃えられれば良いのでしょうが、とにかくお金がありません。やっぱりバイクの購入がまずかったのか?とか考える時もあります。

そんなこんなで登山とかトレッキングはしばらく諦めようと思います。こうやって必要なものが回りに寄ってこないという事は、まだ私にはそこに行くために必要な資格が無いのでしょう。これは登山には縁が無いのかもしれません。屋久島は「呼ばれたから来た」とか感想も多いですしね。バイク用品は「これが欲しい」という物が意外とオークションで出てきます。バイク用の風防も落札しましたし、他にも欲しいと思っている物がチョロチョロと出てくるので、ウォッチリストが山ほど埋まってます。さすがにバイク用品もポンポン落札できませんから、そこは吟味して諦める時はすぱっと諦めますが。

とりあえず。
「かねがね金がねえ」って事です(汗)

記事とは関係ないですが、必殺仕事人のエンディングテーマ「鏡花水月」by The SHIGOTONIN です。良い歌です。


 
アウトドア | comments (1054) | -

守護神様

さて、カブに乗っている時に三次さんからもらった守護神の「無事カエル」はここに鎮座している事は、以前の記事で書きました。

kyari04.jpg
こんな感じですね。

それでまあ、私は元々はステッカーを配っていたわけですが、ネイキッドになったらステッカーを貼る場所が限られています。これから出会う人とのコミュニケーションとして、この守護神「無事カエル」を私も渡してみる事にしました。

kaeru.jpg
8個揃いました。

三次さんに売ってる場所を聞いて、そこに買出しに行ったわけですが、カフェカブ前という事もあって、三次さんも買うはずですが、どうしても欲しくなって買ってしまいました(汗)

そして売り場を見ていたら以前から付けたかった「アヒル」もあるじゃないですか!

ahiru.jpg
アヒル!

アヒルは自分用です。
ハンドルポストかトップブリッジのあたりに両面テープと磁石の両方で強力に固定します。守護神の「無事カエル」も同じ処理しよう。

しっかし、代車で乗ってるスペイシー100はもっさり発進するけど、気が付いたら結構なスピード出てる。スクーターも久々に乗るけど楽やね~。面白みもなんにもないけどゲタ代わりに走るには最高だね。
 
つれづれ日記 | comments (1360) | -

一安心。

新しい「スーパーカブ110」プレスリリースの発表がありました。

photo.jpg
 
スーパーカブ「110」と付くように排気量は20ccアップです。馬力とトルクは少しだけ上がっていて、50ccがFI化されたときに燃料タンクが1Lも減るという事もなく、しっかり4.3L入るようです。見た目も大きく崩さずに現代風にアレンジされています。殆どのパーツが外国で生産されて、最終的な組み上げは熊本で行うようです。

現物を見てないのでなんとも言えないですが、今までのカブのオプションパーツや社外品は殆ど使えないでしょう。見た目は殆ど変わらないんですが、こまかい微調整がされているみたいです。写真をみる限りではツアラー必須?のプレスカブのキャリアも付けられません。キャリア自体が「カブカスタム」のように前はサスと共締め、後ろは本体に上から取り付けるようになっているみたいです。あとなんとなく嬉しかったのはレッグシールドの一番下が少し横に張り出してます。これでつま先への泥ハネを防いだり風を防いだりするそうです。以前のモデルのレッグシールドで。私は実験的にこの張り出しをやろうかと思ってたくらいです。

あとホンダのサイトでは「サビを防ぐ」という目的で書かれていますが、カブ90は鉄製だった外装はすべて樹脂製になってます。そのかわりパイプフレームの剛性は上がっているようですが。質感がどこまで変わってるのか実物を早くみたいところです。

という事で、私が好きな感じのままよい方向へ進化してくれたと思っています。フロントもテレスコピックになってますしね。「メーカー希望小売価格¥249,900」を高いと感じるか安いと感じるかは人によってさまざまでしょう。私は今は別のバイクに乗っていますし、今のバイクの次にこのカブを買うとしても数年後ですから、その時は中古も出てるだろうし、特に価格はきにしていません。

ただ、特注で作ってもらったシートが付くかどうかが問題なだけですw
バイク関連 | comments (1205) | -

検索ワードより。

「バイク 手が痛くならない姿勢」という検索ワードがありました。どのように説明するべきなのかわかりませんが、シートとハンドルの高さの関係で、どうしても乗りにくいと感じる事があるようです。

私が乗っているCB400ssはハンドルが高いと感じます。
シートに座ってハンドルに手をかけると、肘から手首が上に向かっているので、必然的に手首から先は既に上を向いている状態なので、スロットルを捻ると、有る程度までは捻ることができますが、上側に手首を折り曲げる事は手首に負担をかけてしまいます。できればハンドルを下げて、スロットルを上から掴むようにして乗ると、スロットルも捻りやすくなるはずです。そうなると手首の負担も減って疲れにくくなったり、痛みも軽減すると思います。
 
いまはCB400ssは点検中で、台車のスペイシー100を乗っていますが、スロットルを上から掴む感じなので。すごく楽に感じます。ここは個人の体格やらシートの形状によってかわってきますので、一概にハンドルを低くすれば治るというものでもなさそうです。

しーとのあんこ抜きを頼もうと思ってますが、そうなるとますますノーマルハンドルは高く感じると思います。

手が痛くならないようにするには、ジェルを仕込んグリップに交換するとう手もありますが、やはりはんどるの高さを変えるのが良さそうです。
バイク関連 | comments (987) | -

グダグダ紀伊半島周遊

昨日行った紀伊半島のツーリング。
自宅から何故にR370をR42方向に向かっていったのか。ここらへんの記憶がまったくありません(汗)
多分、ツーリングマップル関西だったらP17のJ-1あたりでR371と繋がずにR370に迷い込んだんでしょう。そしてすっかり気が付かずそのままR370を突き進み「なんでR42まで●●kmとか出てるんだ?」と気が付いたら、そこはR424との交差点付近でありました。

仕方ないんでそのままR42に出て海南から海沿いを南下していきます。龍神スカイラインは諦めて、このまま最南端を久々に目指すことにしました。日曜であったものの、ETC1000円キャンペーンのおかげ?か、下道は渋滞もなくツラツラと快調にR42を進んで行きます。途中で白浜に寄ろうかと思いつつ、帰りが山道になると夜は怖い思いをするので、とっとと最南端へ。

自宅を出て3時ごろに最南端に到着。
resize0224.jpg

いつから来てないんだろうと、頭の中を探っても4年位前に来たことしか記憶になし。カブでは多分ここには来てないはず。

resize0226.jpg
何とか村様、そうですよね?違いましたっけ?

望楼の芝でキャンプをしたのは2005年だったかな。シェルパのタイヤがパンクして。。。
とか思い出したりして、キャンプへの再チャレンジを目指すため、気持ちを新たに芝に誓ってきましたよ。

このあとは、私が「2番目に美味しい」と思っている「きんかんソフト」を久々に食べるため、隣の「紀伊大島」に渡ります。トルコの方が流れ着いた島で有名ですね。
 
resize0234.jpg
きんかんソフトクリーム。

前に来たときの写真がないので比較できないんですが、コーンが普通のからココアっぽいのに変わって、量が少なめになってる気がします。コーンの味ときんかんの味がケンカして、イマイチになってしまいました。(きんかんソフトで検索したら以前のコーンは普通のでした)

これではNo.2の座を与えておくわけにはいけません。No.1は淡路島の道の駅「うずしお」に置いてある「ビワとすだちのミックスソフト」ですが、改めて番付を作り直そうにも、あまりにも多くのソフトを食べ過ぎた&その大半の画像がカブのデータと共に消失という事態。しかしながら暫定でNO.1は変動なし、以下はこれからまた食べて決めます。

resize0237.jpg
樫野崎灯台。日本最古の石造りの灯台だそうな。
日本最古の木造の灯台は北陸のどこかにあったな~。なんか妙に入り組んだ先にあったな~。とか他の灯台の事を考えつつ、群がっていたおばさん達に「写真撮ってくれる?」と聞かれたので、無言で手を横に振りカメラを構えて、集合写真を撮り終えるまで無言のプレッシャーを与えるも、灯台に上り始めました。灯台の上に2人ほど写ってますな~。私は灯台に上るつもりは無かったので(前にも上ってるし)をのまま帰ります。
 
潮岬を出てR42を今度は新宮の方面に向かい北上します。途中で今まで一回も見たことがなかった「橋杭岩」を見る為。

resize0245.jpg
ニョキニョキ。人もおります。

と、ここで時計をみると「もう16時回ってるやん!」っと慌てて再出発し、新宮でR168にスイッチし、あとはひたすら北上あるのみ。どんどん進んでいきます・・・

が、忘れていました。
R168って十津川あたりから道が狭いってこと。片側一車線もなく普通車2台の離合が精一杯なところもあったはず。。。
と気が付いてR169にスイッチしようとしたら、勢いで交差点を通り越す始末。もうヤケになってそのままR168を北上し、だんだんと陽が落ちてくるにつれて、不気味になってきます。R24に合流する頃にはすっかり夜。しかし、そこから更にR371の山道を抜けていかなければならず、暗くて細くてブラインドコーナー多数のR371を必死に大阪方面に抜けていきます。フラフラになりながら、後続からエライ勢いで上ってる車を数回ほど先に行かせ、気合と根性でR170にスイッチし、R170~R309~R479と繋いで帰ってきました。

いやー、記憶に無いところ多し。そしてバイクとものすごく仲良しになれたね。直線、ウネウネ道、上り下りでのブレーキング、そしてクラッチミートの位置とかどんどん私と一体化されていきます。距離は566kmですが、かなりの経験値を積みました。

かなり疲れてますけど、爽快感ばっちり。

-----

翌日の今日はジムで運動してたら足がつりました。。。
左足が特に酷かった。シフトチェンジしまくってたからね~。
 
バイク関連 > ツーリング | comments (1487) | -
calendar
<< June 2009 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
selected entries
recent comments
categories
archives
profile
others

ジオターゲティング